header
点データ

点で描くというのは、分布図のようなものと考えていいかと思います。(定性的)

これらの点を大きく描いたり小さく描いたりして、建物の収容人数の多少を表したりできます。(定量的)

ドットマップというものがあります。ドットの密度によって人口や物資の量が判るものですが、これは面のデータとして見ることもできます。

ただし、調べるのも描くのも非常に時間がかかるため、手描きでの地図作りは大変かもしれません。



線データ

線で描くのは線データで表せるもの、例えば道路や鉄道もそうですし、台風の進路も線データで表せます。(定性的)

また河川の大きさなどは、線を太くしたり細くしたりで表せます。(定量的)

天気図などでお馴染みの等値線図ですが、これは降水量などの点データを基礎として、それに基づいて等値線が引かれています。

等値線の精度は、基礎となる点データの密度によります。点データが粗ければ、等値線も簡略なものになります。なので、その等値線が通っている場所が現実のデータに基づいているということではないということです。テレビで見るような天気図は、コンピューターで細かくデータを取ってからの等値線でしょうが、あらためて考えると興味深いですね。



面データ

面で描くと、宗教や言語などによって色分けなどで分けて表現できます。(定性的)

定量的となると、地図の上にデータを表す円グラフなどを置いて示すことになりますが、点データと違って決まったところに置く必要はありません。

メッシュマップというものがありますが、これは国勢調査なんかを見ると出てきます。

ドットマップをメッシュにわけて、メッシュの位置だけ見てみるというものです。

地図上に年齢別に色分けしたドットマップを作り、それを正方形に切り取って人口分布を見たりします。さまざまなデータ作りに便利です。

地図の美しさについて、考えてみることにしましょう。実は地図作成の専門家の間では、スイスの地図は地貌表現が優れているとされます。確かに見た目に美しいことから間違ってはいないのですが、ここで問題にする「美しさ」はさらに多義的な言葉です。例えば、作成プロセスについて、そのように表現されることがあります。つまり作成技術が素晴らしくても、それを「美しい」と表現するわけです。もともとアートの語源はアルス(技術)ですから、それも当然のことと言えます。この「技術」に絞って考えると、美しさとは、点や線の美しさ、記号の美しさ、図の構成の美しさ等を指すものと整理できます。点や線は製図の基本ですから、上手に描くことができれば、それが美しいとされるのは頷けます。では記号についてはどうでしょうか。ややマニアックな説明になりますが、地図には鎖線が用いられています。この鎖線の線分と、空きの部分との比率について思いを馳せて下さい。多くの人は特に気にもしないでしょうが、この比率の違いが美しさを変えてしまうというわけです。鎖線は市郡界等に用いられるのですが、実際、比率を変えて見比べ、どちらを使うべきか検討されています。構成についてはどうでしょうか。地図の主題、縮尺も含め、地図には様々な記号が使われています。これらを細かく記号で表現するのですから、どの表現にどのような記号を用いるべきかを検討することになります。この有様によって、美しさが変わり得るというのです。
 もちろんこのように説明されたところで、所詮美しさなんて客観的なものではないだろうと考える人も多いでしょう。それは間違いないのですが、地図における美しさのポイントは、「読み取り易さ」をおいて他にありません。これが最大の基準であり、図が明白であるかどうかを判断するだけならば、ある程度客観的に判定することは出来るのです。

柱や梁が木材なら、他の部分にいろんな材料を使われていても、一般的に「木造」というふうに表示するそうです。
このため、建物の自重あるいは荷重を直接負担すべき骨格部分を基準にしたらいいのではないかという意見もあるそうです。
また建物の主たる部分が、「木・鉄骨」という場合もあるかと思います。
この場合は「鉄筋コンクリート・鉄骨造」などのように表示するそうです。(不登記準則81条2項)
ただ、建物の構造材料についていうと、その主たる部分の構成材料によって表示されたりするので、そのモノの構成材料の占める割合が全体ではちょっとしかないというときは、表示しないそうです。
問題となるのは、その基準だそうですが、その割合がおおむね3分の1以上の場合は構成材料を併記する取扱になるそうです。
登記実務をするときに、建物が完成してしまった後では構成材料というものを把握するのが難しくなってくるかと思います。
たとえば、柱が既に外壁に覆われているようなばあいは、それが木造なのか軽量鉄骨なのか目視ではわからないと思います。
こういう場合は、工事完了引渡証明書、建築確認通知書、電気工事人等の附帯工事人の証明書など、登記の申請のときに提出された添付書類を参考にするそうです。
これらを参考に登記官の実地調査により、建物の全体状況を認定していくようになるそうですが、登記上だといっても、一般的にこれが建物の経済的評価を決めたりするそうなので、こういった認定には十分な配慮が必要となるそうです。
建物にもいろんな区分があるということですが、自分が家を借りたり買ったりするときに、とてもお世話になるものなので、これからは「建物の主たる材料」に興味を持って見ていきたいと思います。


ソーラーシステムを備えた屋根というのも増えているかと思います。これも東京ドームの屋根と同じように、材質などで屋根と特定するのではなくて、その構造が屋根なら、屋根と区分するというときでいいそうです。
このときは、ソーラーシステムが30%以上締めていたりするなら、そのシステムの素材を
併記するということになるそうです。屋根の構成材料と屋根の種類による区分というのは、たとえば、かわらぶきならばにほんかわらで、色や形状はいぶし瓦、銀鼠色、釉薬瓦なら釉薬の各色ということを見るそうです。
洋かわらは、素焼き瓦、釉薬瓦、塩焼き瓦、スレートぶきというのは、波型石綿スレートや石綿セメント板が材料となるそうです。
亜鉛メッキ鋼板ぶきは、亜鉛鉄板、着色亜鉛鉄板、プリント鋼板、塩ビ樹脂金属積層板、折板だそうです。草ぶきの場合は、
あし、わら、かや、麦わらだそうです。セメントかわらぶきというのは、セメントかわら、着色セメントかわら、厚型スレート、着色厚型スレートだそうです。アルミニューム
板ぶきは、アルミニューム板、着色アルミニューム平板だそうです。
板葺きというのは、ひのき、杉、クリ、松などの板材だそうです。
杉皮ぶきというのは、杉皮、檜皮だそうです。石板ぶきは、石板だそうです。
銅板ぶきというのは、銅板だそうです。ルーフィングぶきというのは、特殊ルーフィングというものだそうです。
ビニール板ぶきというのは、硝子せんい強化ポリエステル板網入硬質と塩化ビニール板だそうです。
合金メッキ鋼板ぶきというのは、アルミ亜鉛などとの合金メッキ鋼板となるそうです。
コンクリート板ぶきというのはコンクリート二次製品だそうです。
ガラス板ぶきというのは、網入りガラス板、光り波硝子板だそうです。

地積に関する変更の登記というのは、土地に変動が生じたことで登記されている地積が増減した場合にする登記のことだそうです。

地積が増加するというのは、寄洲によって土が堆積して新たな土地が生じた場合ということだそうです。

またこれに対して減少するというこのは、一筆の一部が海面に沈んでしまったり、河川の水流の変化で絶えず水が流れている状態になってしまったというときのことだそうです。

寄洲というのは、風や波によって海岸や河口などに土砂が吹き寄せられて自然にできた陸地のことをいうそうです。

このような自然現象でできたような土地に関しては、所有権の帰属及び登記手続きなどに議論があったりするそうです。

土地が生じた場合は、その所有権は国家に帰属するということになるそうです。

いろいろと意見はあるそうです。

また海底隆起というのは、海面下の土地が海面上に姿を現して、そこに新たに土地を生じた場合には、新たに国有の土地が生じたとして取り扱うべきということにされているそうです。

海面の下というのは、もともと私的所有権の目的にはできないもので、所有権者が存在しないということもあるそうです。

私的の使用がないということで、地積に関して変更の登記で処理することはできないという意見が有力だそうです。

また河川区域内の土地に関しては、水流が変化して土地が出現した場合も海底隆起と同じような議論があるそうです。

反対に地積が減少するというのは、土地の一部が海没したりしたら地積に関する変更の登記をするのが妥当だそうです。

また流水の変化でいつも水が流れる状態になってしまった土地の場合、河川管理者は、地積に関する変更の登記を登記所に委託しなければならないそうです。