header

オリジナルの地図作成を始めてから、休日の楽しみが倍増している日々です。子供の頃から、地図を見る事が好きではあったのですが、自分で地図を作成してみようと思ったのは、中学に入学した年の1年目であったと思います。その時に、学校中でトレーシングシートが大流行した年でありまして、学校中の生徒たちが、思い思いのものをトレースしていたのを思い出します。最近は、トレーシングペーパーと呼ぶのだそうで、何気に立ち寄った文具屋さんなどで見かけると懐かしくて、思わず手にとってしまう事もあります。クラスメイトたちが、思い思いに、アニメや漫画のトレースをする中、私は一人、トレーシングペーパーで地図作成を行っていました。日本地図や世界地図を、一人黙々とトレースしては満足しながらニヤけていました。透明のファイル式の下敷きには、自分のトレースした地図を入れる事が、何と言っても私のステータスを確立する唯一の品であったように思います。運動神経も勉学も常に中間管理職的なポジションにいた私は、全くといって良いほどクラスの中では、陽の目をみない存在でした。そんな私が大学の地理研究会の後輩と、10年間、結婚を前提に付き合い、長すぎた春と言われながら昨年、結婚を迎えました。念願のマイホームを手に入れ、新居への引越しのお知らせハガキを手作りしてみよう思った時に、地図作成の血が騒いでしまいました。地図作成のガイドBOOKを頼りに自宅のパソコンで、新居のお知らせハガキ作りをしてみると、地図作成は案外簡単で、当初の意気込みとは異なり、肩透かしをくらってしまったほどお手軽に感じましたが、その作業の工程に、中学生時代に地図をトレースしながら得た快感とも言うべき、恍惚感が再びよみがえってきました。私にとって地図作成は、青春のフレーバー的な、甘みと苦味とフレッシュさを一気に思い出させてくれるタイムマシーン的な時間を過ごさせてくれるひとときなのです。

憧れのマイホームを建てた新居のお知らせハガキを、地図付きで作成してみようと、地図作成のガイドBOOKを入手しました。自宅にあるパソコンと地図サイトを利用するようなのですが、1日がかりで休日を利用して作成してみると、案外楽しいものでお知らせハガキが完成したその後も、様々なオリジナル地図作成にチャレンジしてみることにしました。オリジナルの地図作成をすることの、どこに楽しみがるのかと聞かれると、言葉では伝わりにくいかもしれませんが、そこには達成感とレイアウトセンスの合い混じりあった芸術的な営みを感じるのです。とは、多少オーバーな表現ともなりますが、もともと地図をみるのが好きだった事もあり、地図作成が手軽に出来るようになった時代の発展に感謝を抱いているといったところです。私の趣味でもある地図作成の楽しみが伝われば良いのですが、ナルシストな地図観賞の趣味人が、書き慣れない文章を綴っている事もあり、なかなか地図作成の楽しみを表現しずらい部分もございまして、分りにくい文章があるとは思いますが、ご了承下さい。

建物は[3-Dスタイル]で立体的にすることができます。[図形描画]→[オートシェイプ]→[線]→[フリーフォーム]を選択します。頂点をクリックして、建物の壁面を作ります。建物を選択して、[図形描画]→[3-Dスタイル]→[3-Dスタイル11]を選択します。[図形描画]→[3-Dスタイル]→[3-Dの設定]を選択します。[光源]→「中央」を選択します。[図形描画]→[塗りつぶしの色]を決めます。

建物を時計のついた学校にしてみましょう。[図形描画]→[楕円]を選択します。Shiftキーを押しながら、ドラッグして正円を作ります。[図形描画]→[四角形]を選んで、ドラッグして窓を描きます。窓をCtrlキーを押しながら、ドラッグをしてコピーをします。[図形描画]→[オートシェイプ]→[フローチャート]→[フローチャート:論理積ゲート]を選択します。ドラッグして、入り口に配置をします。[図形描画]→[図形の調整]→[回転/反転]→[左90度回転]をクリックします。配置ができたら、学校の出来上がりです。

次に交番を作ってみましょう。[図形描画]→[四角形]を選択して、交番の建物にします。[図形描画]→[オートシェイプ]→[フローチャート]→[フローチャート:論理積ゲート]を選択して、入り口にします。[図形描画]→[楕円]を選択し、Shiftキーを押しながら、ドラッグして、正円を作ります。[塗りつぶしの色]を「赤」に指定します。[図形描画]→[クリップアートの挿入]を選んで、「警察」と入力して検索をします。ヒットした警官の中から、好きなものを選びます。警官を交番の前に配置して、各図形を整列させます。